■一緒に仕事をする人はいい人ばかりだから辞めない?

 古い体質の日本企業を揶揄する言葉として、江戸企業、という言葉を聞いたことがある人もいるかも知れないが、コメントは、言い得て妙だ。だが、大好きな日本という国で、ちょっとヘンなサラリーマン社会についてコメントを残した後、ブライトさんはフォローをするかのようなコメントも。

「良くも悪くも、やさしくてハッキリさせないのが、日本のサラリーマンなのではないでしょうか。会社や個人の業績から仕事を失うことも少ないし、私の上司や先輩にも、大学を卒業してから10年、20年、30年とずっとこの会社で働いている人が本当に沢山います。この話しをアメリカの友達にすると、驚いたり、笑ったり、何でそんな人生を送りたいのか、とみんな聞いてきます。

 要するに、会社で一緒に仕事をする人はみんないい人ばかりだから、上司や同僚に腹が立って会社を辞めようとする人が少ないのではないかと思います。まだ日本で一つの会社で5年しか働いたことがない私の個人的な経験からすると、そういう風に見えます」

 この先、あとどれだけ日本にいるかは分からないが、日本で学び、日本人サラリーマンたちと一緒に働いた思い出は、一生忘れないと目を輝かせる、ブライトさん。憧れを持って日本へ来たとは言え、アメリカの家族や友達ともソーシャルメディアなどで頻繁に連絡を取り、年に一度は国へ帰る。ヘンなところだけではなく、日本のサラリーマンのいいところも、話してくれているだろう。