歴史上の人物に迫るには様々なアプローチがあるが、ここでは四柱推命(しちゅうすいめい)という手法を用いて、歴史上の人物がどんな性格であり、なぜ成功したのか(失敗したのか)を読み解く。※四柱推命と用語の説明はページの最後をご覧ください。

 今回は、土佐藩士で、新しい国づくりのために奔走した、中岡慎太郎を四柱推命鑑定する。坂本龍馬とともに、薩長同盟の締結を成し遂げ、倒幕に力を尽くした。その活躍とは裏腹に、龍馬に比べ知名度が低いのだが、今回の鑑定を通して、慎太郎の役割の大きさが見えてきた。

中岡 慎太郎(1838-1867)
生年月日:天保9年4月13日(現行暦:1838年5月6日)

 まずは、命式表の中で、自然界での役割を表す重要な場所、日柱の干支を読み解いていく。