おやつ=間食は太るは、じつは大マチガイ!  間食する人ほど「健康」と「理想的な体型」が手に入る。『ヘルシースナッキングで食べてやせる』著者が明かす、極意。
今回は「ヘルシースナッキング(ヘルスナ)」Q&A! 実践する上での気になる疑問ベスト7にお答えします。ここで紹介するものを実践すれば、あなたもぜったい「ヘルスナ」人間になれること、まちがいなし!!
 

■Q1.お酒好きでも美味しくおつまみを食べて痩せられる?

 お酒を飲むときに「太るからおつまみは食べない」という方も多いのではないでしょうか。しかし、おつまみそのもので太るというよりも、問題は〝おつまみの選び方〟なのです。お酒を飲むときも、「ヘルスナ」の要領でおつまみの選び方第一、おつまみ量第二で考えれば大丈夫。

 ポイントは、アルコールを摂ると、ビタミンやミネラルが消費され、アルコールを分解する肝臓にはたんぱく質が必要だということです。

 そこで、おすすめのおつまみは、アルコールの吸収を遅くする脂質を含むナッツ、チーズ、揚げ出し豆腐など。飲む前につまむと悪酔いしづらくなります。そして、アルコールを飲むと不足しやすい「ビタミンB1」が豊富な豚ヒレ肉のステーキ、うなぎのかば焼き、生ハムなどもおすすめです。肝機能を高める「タウリン」が含まれるあさりの酒蒸し、イカの一夜干し、タコの刺身などもおつまみにはぜひ選びたいものといえます。

次のページ ■Q2.間食で毎日同じものを食べても大丈夫ですか?