江戸時代に遊郭が設置され繁栄した吉原。その舞台裏を覗きつつ、遊女の実像や当時の大衆文化に迫る連載。

■別世界への入口――大門(おおもん)

 大門は、堀と板塀で囲まれた吉原の、唯一の出入り口である。

 遊郭を堀で囲み、大門を唯一の出入り口にするという構造は京都の島原遊廓を手本にしているのだが、島原については項を改めて述べよう。

写真を拡大 図1『吉原細見』(安政6年)

 図1に、大門と、日本堤から大門に至る五十間道が描かれている。

 大門の右手にあるのが四郎兵衛会所。四郎兵衛会所に詰めている番人は、吉原の妓楼が共同で、いわば業界団体が雇った男たちである。

 大門から女が出るのを監視していた。遊女の逃亡を阻止するための措置である。

 いっぽう、大門の左手の建物は面番所で、町奉行所の同心と岡っ引が常駐していた。ただし、役所ということから大きく描かれているようだ。実際の大きさは、あとで示そう。

 
次のページ 「平穏で退屈」