江戸時代に遊郭が設置され繁栄した吉原。その舞台裏を覗きつつ、遊女の実像や当時の大衆文化に迫る連載。

■揚屋(あげや)制度はデリヘル

 時代小説や、テレビ・映画の時代劇に描かれる吉原では、客の男は妓楼にあがり、そこで遊女と対面し、場合によっては酒宴を楽しみ、そして床入りとなる。
 ところが、江戸時代に限っても、吉原の歴史は二百五十年あるが、上記のように妓楼で客と遊女が床入りする仕組みは後半の約百年でしかない。前半のおよそ百五十年間は、揚屋で遊興するという仕組みだった。

 次に、くわしく述べよう。

 元和四年(1618)からおよそ四十年間の元吉原時代を通じて、さらに明暦三年(1657)から吉原(新吉原)となってからも宝暦十年(1760)まで、吉原遊廓には揚屋制度があった。

 客と遊女は揚屋という、妓楼とは別な場所で寝たのである。

 もちろん、吉原には妓楼はあったが、あくまで遊女の生活の場だった。客はまず揚屋にあがり、妓楼から遊女を呼び寄せるという仕組みだった。

 客と遊女が対面するのも、酒宴をするのも、床入りするのも、すべて揚屋である。

 現在の性風俗産業でいえば、デリヘル(デリバリーヘルス)システムに近いといえよう。妓楼は風俗嬢の独身寮兼事務所、揚屋はラブホテルに相当する。

 当然ながら、妓楼より揚屋の方がはるかに広壮で豪華だった。

写真を拡大 図1『吉原恋の道引』(延宝6年)

 図1は標題に「あげや行」とあり、遊女が妓楼から揚屋に行くところである。

 この絵の絵師は菱川師宣で、『吉原恋の道引』の刊行年の延宝六年(1678)は、吉原に揚屋制度があったころである。

 師宣も当然吉原で遊んでいたろうから、図1はもちろん、次の図2と図3も、自分の体験を踏まえて、正確に描いていると見てよい。

 
次のページ とある客の豪遊伝説