最新刊『もう、きみには頼まない 安倍晋三への退場勧告』(KKベストセラーズ)を刊行予定の作家適菜収氏が、『新潮45』への寄稿「政治は『生きづらさ』という主観を救えない」が議論を呼ぶ小川榮太郎氏を斬る。本質はどこにあるのか。前編に続く後編。

■日本語が苦手な自称文芸評論家

 

『新潮45』廃刊をめぐる騒動の過程で、小川が自分の本のことを「拝著」と書いていたことが話題になった。「拙著」を「ハイチョ」と読んでいたようだが、この話がネットで広がると、小川の「秘書」がコメントを出した。

「(秘書投稿)びっくりです(笑)5ヶ月前の私の誤字を茶化すツイートが散見されます。何をどう間違えてああなったのか自分でもさっぱりわかりませんが、せっかくですので、皆さんに気晴らしして頂けたら幸いです。小川と違って私は吠えませんので、安心して安全地帯から思う存分罵りましょう」

「どうせ本人だろ」とネットではツッコまれていたが、読み間違いに基づくものなので「誤字」でも打ち間違いでもない。小川は「秘書」が間違ったという設定にしたいらしいが、秘書が投稿したなら「拙著」になるはずもない。それとも、小川の本は「秘書」が書いているのか?

 要するに、捏造体質。生き恥を晒すとはこういうことだろう。

 小川は今回の件について毎日新聞からコメントを求められたが、それが掲載されなかったと怒っていた。

 そのコメントは以下のようなもの。

「署名原稿に出版社が独断で陳謝コメントを出すなど言語道断。マイノリティーなるイデオロギー的立場に拝跪するなど文学でも何でもない。イデオロギーや同調圧力に個の言葉で立ち向かい人間の悪、業を忌憚なく検討する事も文学の機能だ。新潮社よ、『同調圧力に乾杯、全体主義よこんにちは』などという墓碑銘を自ら書くなかれ」

 こんな文章が全国紙に載るわけがないだろう。とりあえず意味不明だし。「マイノリティーなるイデオロギー的立場に拝跪」って何?

 その後、小川は大方の予想通り、陰謀論を唱えだした。

 小川によると、『新潮45』の廃刊は「尋常ではない圧力を想定しない限り説明がつかない」のであり、「発売初日から、ツイッターの組織戦で小論の完全な誤読による悪罵を大量に流布された」とのこと。「全く異常な話ではないか」と言うが、異常なのは自分であることに気付いていない。

 小川によると、自分の文章は「悪意があるか不注意か無能な読者でない限り、誤読しようがない」が、「本質的な拙論のストーリー」を理解した上での批判は「ただの一人も」いないそうな。

 誤読しようがない文章を誰もが誤読したというのも奇妙な話である。

 小川の親友である「洗脳、プロパガンダの専門家」が、今回の件は「司令塔なしに不可能なレベル」だと連絡を取ってきたとのこと。小川は「司令塔」という言葉をよく使うので、この「親友」が実在するのかは不明だが、要するに誰かが命令を出して、小川批判を書かせているというのだ。

 小川は言う。

「早急に必要なのは、この事実上廃刊に至る新潮社の不可解な動きの裏で、社内外で連携した何らかの組織動員的な圧力、スキャンダル圧力などが新潮社執行部にかけられていなかったどうかの真相究明だ」

 小川が「条件反射する言論人」として名前を挙げた竹下郁子、平野啓一郎、星野智幸、津田大介、武田砂鉄、池内恵、荻上チキ、岩永直子、高橋源一郎、村山由佳、中野晃一、青山ゆみこ、岩上安身といった人たちも、その「司令塔」とやらに命令されたんですかね?

 少なくとも私のところには「司令塔」からの電波は届いていない。

 そのうち、宇宙人の悪だくみとか、人工地震とか言いかねない。 

 結局、カルトは陰謀論に行き着くのだ。

次のページ 出版界のモラルの低下