江戸時代に遊郭が設置され繁栄した吉原。その舞台裏を覗きつつ、遊女の実像や当時の大衆文化に迫る連載。

■商業地区であり、居住区だった「揚屋町」

 吉原のなかに揚屋町という区画がある。

 第26回『江戸の吉原にも「デリヘル」制度があったのをご存知か。』で述べたように、宝暦期(1751~64)に揚屋制度は廃止された。

 揚屋町という名称だが、宝暦期以降、揚屋町には揚屋は一軒もなかったのである。それどころか、妓楼もなかった。

 吉原遊廓のなかにあって、揚屋町は商業地区であり、居住区でもあった。つまり、江戸の町屋とまったく同じだった。図1に、揚屋町の通りが描かれている。

写真を拡大 図1『春色恵の花』(為永春水著、天保7年)

 図1を見ると、通りには商店が軒を連ねていたのがわかる。

 右手に木戸門が見える。この木戸をはいると路地が奥に通じていて、両側には裏長屋が並んでいた。

 裏長屋に住んでいるのは、行商人、職人、幇間や芸者などの芸人、医者、文使い、易者などである。みな、妓楼にかかわる仕事に従事していた。

 図を見ると、道に板が敷き詰められているのがわかる。これはどぶ板だった。下には、どぶが流れている。

 どぶの汚水は、吉原を取り巻くお歯黒どぶに流れ込んでいたのであろう。

 以上からも、江戸の町屋の構造とまったく同じなのがわかろう。

 ただし、図の左端に、誰そや行灯が見える。いわば街灯であり、この誰そや行灯は吉原独特だった。

 こうした町屋の地区があったため、吉原のなかでほとんどすべての用が足せた。