日本全国の遺構が残された台場を踏査するという目標は、銭湯の外観撮影よりも、数十倍の困難をともなう。

 兵庫県教育委員会より『兵庫県の台場・砲台』という本が公刊されてる。 

 この手の報告書が都道府県別で公刊されれば、自身のライフワークの意味は減少する。

 とはいえ、現状では、地域によるばらつきがあり、一人で全国調査をしようという無謀な調査活動の意義は、消滅していないと信じている。

 まずは、『兵庫県の台場・砲台』に掲載された台場のうち、遺構の存在を把握していなかった唐船山台場を探査した。

 唐船山台場(兵庫県赤穂市御崎字唐船)は、赤穂海浜公園内に存在する。

 唐船山は、地図に記載される山としては兵庫県内で一番低く、そのため、低山巡りのスポットとして、登山者が来訪する。