|この秋、紅葉が美しい寺社へ

 

 どうも。某国営放送で「神社マニア」と紹介され、アイドル相手に参拝作法や鳥居の話をした渋谷申博です。本業は神社仏閣仏像などに関する文を書くことで、『聖地鉄道めぐり』『秘境神社めぐり』『諸国神社 一宮・二宮・三宮』といった本を出しています。雑誌『一個人』にもたまに出没します。
 さて今回は、そんなワタクシがお勧めする紅葉の寺社ベスト7をご紹介したいと思います。ただし、これはあくまでも私の個人的な趣味ですので、あらかじめご承知おきください。お勧めの判断基準には、紅葉の美しさだけではなく、寺社そのものの良さも含まれております。


|栄えある1位は超有名な…

 「え、普通は下位からの発表じゃないの?」とお思いのあなた、このランキングは超有名な名所から知られざる名所へと順にご紹介するものでもあるので、第1位からというわけなのです。
 さて、極私的紅葉スポット第1位は、高野山です。

高野山の冬は早い。それだけに紅葉も燃えるように鮮やかだ(六時の鐘付近)

 関西の紅葉の名所というと、嵐山や吉野山、比叡山、東福寺といったところが鉄板ですが、高野山も見事です。広い山内のどこを歩いても紅葉が楽しめます。
 高野山は空海が密教を広めるために築いた真言宗の根本道場。今も多くの僧が修行に励んでいます。密教の絢爛たる世界観を象徴する堂塔を錦繍が彩る高野山は、ひと味違う紅葉狩りが体験できます。
 とくに有名なのは壇上伽藍と金剛峯寺を結ぶ蛇腹路ですが、個人的には浪切不動尊や徳川家霊台などがある一心口あたりの静かで広々とした感じも好きです。
 ただし、高野山は紅葉の時期がほかよりずっと早いので要注意。ついで言うならば、雪が降るのも早いです。紅葉情報をご確認の上、暖かい格好でお出かけください。

|続く2~5位は古刹勢揃い

 2位は京都市西京区の善峯寺です。

西国三十三所霊場の札所でもある善峯寺は、境内が広く高低差があるので時間をかけての参詣がおすすめ


 善峯寺は長元2年(1029)に創建された天台宗の寺院で、将軍綱吉の生母・桂昌院が信仰したことで知られます。
 西国三十三所霊場の札所でもあるので多くの参詣者がありますが、バス停・駐車場から少々長い石段を登らなければならないこともあって本堂までしか行かない方がいます。しかし、それはとてももったいないことです。本堂から奥へさらに登っていくと、場所ごとに変化する景観・眺望が楽しめます。時間をたっぷりとって参詣しましょう。
 

 3位は神奈川県伊勢原市の大山(おおやま、「だいせん」と読むと鳥取県の霊山のことになります)です。
 雨乞いの霊験で知られた霊山で、江戸時代には富士山や江ノ島と併せて参詣する人が多く、その賑わいぶりは落語の「大山詣で」にも語られており、日本遺産としても認定されています。中腹の阿夫利神社下社、その下の大山寺、それぞれ味わいの違う紅葉が楽しめます。

阿夫利神社下社へ通じる石段。周辺の茶屋も風情がある
ライトアップされた大山寺。石段の童子像(不動明王の眷属)が紅葉とともに迎えてくれる
 
次のページ 次ページでは4〜7位を発表