|もとは3つの行事だった七五三


 11月に入ると神社は《七五三月間》といった感じになる。とくに週末や大安の日などは、何組もの七五三参りで境内が華やぐ。
 ただし、本来は11月15日に行うものとされている。江戸時代の「歳時記」などにも11月15日の項に「嬰児(えいじ)宮参り」などと書かれている。
 ところが、その項目のどこにも「七五三」という言葉は出てこない。それもそのはずで、この日の行事が七五三と呼ばれるようになったのは明治以降で、広く普及したのは大正時代という。江戸時代には以下のように呼び、数えの年齢で行っていた。

●三歳「髪置(かみおき)」
 髪を伸ばし始めるお祝い
●五歳「袴着(はかまぎ)」
 初めて袴を着用するお祝い
●七歳「帯解(おびとき)」
 帯を締めて着物を着るお祝い(女子のみ)
嬰児宮参りで賑わう江戸時代の神社(『東都歳時記』)。「唐人飴」の看板が見える。

 しかし、同時期に行う儀礼で、いずれも子どもの成長を祝うものであったことから、しだいに一つの行事のようになっていったらしい。

 なお、江戸時代も親が子どもを着飾らせて自慢しあうという風潮は今と代わらず、あまり過熱したため幕末には禁止令まで出ている。
 そして、宮参りの後は親戚回りをして夜は祝いの宴会を行ったという。この第2部の主役は、たぶん大人のほうだったのだろう。

 

|最初のお参りは便所の神様

 人生の節目で行う神事・仏事を人生儀礼と呼ぶが、これは誕生してから七五三までの間に集中している。今はあまり行われなくなったものもあるが、主なものを順に列挙すると次のようになる。

 ・誕生祝い
 ・三日祝い
 ・産着祝い
 ・お七夜(しちや)
 ・名づけ祝い
 ・雪隠(せっちん)参り
 ・初参り
 ・お食い初め
 ・初節句
 ・髪置(3歳祝い)
 ・袴着(5歳祝い)
 ・帯解(7歳祝い)

 名づけ祝いや初参りを生後何日目に行うのかは地域によって異なるので、儀礼の順番は変わることがあるが、7歳になるまで儀礼が立て込んでいることは全国的に共通している。
 これは、乳幼児の死亡率が高かったことに由来している。七歳まで生き延びられない子どもが少なくなかったため、ことあるごとに神仏の加護を願い、子どもの長寿を祈ったのだ。

 上にあげた幼児の儀礼の中で意外に思われるのは、おそらく雪隠参りだろう。これは、便所の神様に新生児をお見せする儀式だ。
 なぜ便所の神様?と思われるだろうが、便所の神様は神無月(旧暦10月のことで、日本国中の神様が出雲に集まるといわれる)にも出雲に赴かず、家を護ってくれる神様。この神様に一家の新しいメンバーを紹介する儀礼が、雪隠参りなのである。
 便所の神様は出産を助けてくれる神様でもあので、雪隠参りはその御礼参りでもある。

 

次のページ 「千歳飴」の起源について