■再延期の有無を考える

 

 安倍総理は10月15日、消費税の税率について、予定どおり2019年10月より10%に引き上げると表明しました。

 くだんの引き上げは、もともと2015年10月に行われるはずだったのが、総理の判断によって二度にわたり延期されていたもの。

 これを根拠に、「二度あることは三度ある、また延期されるだろう」と解釈する人もいます。

 たしかに来年は、統一地方選挙や参議院選挙が控えている。

 ふつうに考えれば、増税を行うのに適した時期ではありません。

 一部には「安倍総理は増税延期を掲げて、衆参ダブル選挙に打って出るのではないか」との推測まで見られます。

 しかし2017年の総選挙で、自民党が消費税引き上げを公約に含めながら大勝を収めたのも事実。

 ついでに「二度あることは三度ある」とも言いますが、「三度目の正直」とか「仏の顔も三度」とも言います。

 ただし後者は、「仏の顔も三度まで」としても知られる。

「仏の顔も三度」なら三回目でアウトになるものの、「仏の顔も三度まで」ならアウトは四回目以後。

 微妙なところですが、「三度目の正直だ、今回は実施されるだろう」とか「仏の顔だって、『三度』か『三度まで』かは分からない。また延期されるなどと、安易に期待しないほうがいい」といった解釈が成り立つのは間違いないでしょう。

次のページ 今、増税すべきなのか?