■世界第四位の移民大国の人

 

 先日、池袋で対談の仕事があったので、早めに行ってサンシャインの水族館とプラネタリウムに行った。カタクチイワシは密集して泳いでいるのに、決してお互いぶつからない。ほとんど数センチしか離れていないのに。その運動能力はすごいと思って水槽の前で見ていたら、よそ見しながら歩いてきた中国人のオバハンが、すごい勢いでぶつかってきた。

 取引先に請求書を2通出さなければならなかったので、ファミリーマートで切手を買った。

 中国人の店員に「封筒用の切手って82円でしたっけ? 92円だったかな?」と聞くと、「ここは郵便局ではないので、わかりません」とのこと。

 コンビニは郵便局ではないということを、あらためて中国人から説教された。さすがは世界第四位の移民大国ですね。バカがバカを担ぐから、国がおかしくなっていく。

 断っておくが、移民政策反対と排外主義はまったく違う。

 排外主義が人種差別や根拠が脆弱な民族主義に基づくものであるのに対し、移民政策反対は、雇用問題や治安問題、安全保障問題などを含めて、危険性が明確であることから導き出された結論である。言葉の壁や文化の摩擦が生じ、皇室への尊敬の念や国柄自体が変質していく。

 欧米では移民の拡大により社会が荒廃し、移民排斥を訴える政党が躍進した。世界各国の指導者が移民政策の失敗を認める中、急激な移民政策を進めてきたのが安倍政権である。

 特区を利用したり、「移民と外国人労働者は違う!」などと言いながら、グレーゾーンを拡大し、「移民政策と誤解されないよう配慮しつつ」(2014年4月4日)、押し通すというやり方だ。

 EUの例を見ても、移民受け入れの拡大はなし崩し的に進んでいる。