■「移民政策は考えていない」

 2018年10月29日、安倍は衆院本会議で、外国人労働者の受け入れ拡大に向けた入管難民法改正案に関し「政府としては、いわゆる移民政策をとることは考えていない」と発言。

 もう、なにがなんだかわからない。

 もはや「嘘つき」という次元の話でもない。

 安倍は2016年1月28日にも国会で「いわゆる移民政策をとることは全く考えていない」と述べているが、そのときは「嘘」の段階だった。だからこそ、「嘘をつくな」「デマを流すな」と批判の声があがったのである。
 しかし、今はすでにあらゆる嘘がばれ、政府は露骨な移民政策を進め、すでに日本社会を破壊し終わった段階である。

 増税した直後に「増税政策はとりません」と言うようなもので、言葉の意味が完全に蒸発している。

 先日刊行した『もう、きみには頼まない 安倍晋三への退場勧告』(KKベストセラーズ)では、移民問題に限らず、あらゆる領域において、日本が三流国家に転落していく様子を描写した。

 日本人は、いい加減に目を覚ますべきだ。

 放送局の外資規制の撤廃、水道事業民営化、配偶者控除の撤廃を目論み、TPPを推進。北方領土の主権の棚上げ、日韓基本条約の蒸し返し、移民政策……。安倍とその周辺のメディアや文化人が売国勢力・反日勢力であるという事実を直視しなければ、国は傾く一方だ。

(敬称略)