江戸時代に遊郭が設置され繁栄した吉原。その舞台裏を覗きつつ、遊女の実像や当時の大衆文化に迫る連載。

■一両一分

 吉原の遊女は宝暦期(1751~64)以降、上級遊女の花魁と、下級遊女の新造に大別された。相撲でいえば、幕内と幕下のようなものである。

 ただし、幕内でも階級があるように、花魁にも階級があった。

 同じ花魁でも、

 呼出し昼三
 昼三
 座敷持
 部屋持

 に分かれており、とくに最上級の呼出し昼三はどの妓楼にもいるわけではなく、特別の存在だった。

 呼出し昼三の揚代は一両一分である。露骨な表現をすると、一発の値段が一両一分だった。現代に換算すると、一回のセックスに十万円以上かかったことになろう。
 さて、新造は大部屋に雑居だったが、花魁は個室をあたえられていた。

写真を拡大 図1『女風俗吾妻鑑』(市川三升著、文政8年)

 図1は、花魁の部屋に新造と禿が来て、何やら話をしている。

 花魁の居室の様子がよくわかるといえよう。

 注目すべきは、背後の書箱である。右は『湖月抄』、左には『河海抄』と標題がある。ともに古典『源氏物語』の注釈書であり、花魁が『源氏物語』を愛読していることを示している。

 花魁の教養が並々ならぬのがわかろう。

 さらに、壁には琴が立てかけられている。当時、庶民の女が稽古する楽器はもっぱら三味線だった。

 琴の稽古をするのは、上級武士や富裕な町人の娘くらいである。吉原の花魁の格式は高かった。

 
次のページ 和歌をたしなむ花魁