江戸時代に遊郭が設置され繁栄した吉原。その舞台裏を覗きつつ、遊女の実像や当時の大衆文化に迫る連載。

■階段の向きが逆

写真を拡大 図1『魁浪花梅枝』(東里山人著、文化14)

 図1の右側の、暖簾のかかっているところが妓楼の入口である。
 暖簾をくぐってなかにはいると、土間になっているのがわかろう。
 おりしも、遊女が客の見送りにやってきた。
「また、おいでなんしよ」
 などと言って、送り出す。
土間に立って腰を折っているのは若い者である。客の履物をそろえて土間に置き、
「へい、また、お越しくださいませ」
 などと、お愛想を言っているのであろう。

 図1を見て、すぐに気づき、奇異に感じるのは二階に通じる階段であろう。逆向きに取り付けられている。
 だが、これは絵師の描き間違いではなく、吉原の妓楼に共通する階段の取り付け方だった。次の図2でも、階段は逆向きに取り付けられているのがわかる。

写真を拡大 図2『昔唄花街始』(式亭三馬著)

 では、何故、こんな奇異な取り付け方をするのだろうか。
 おそらく、楼主の居場所である内所から、階段を昇り降りする人の姿が見えるようにするためと思われる。

 図2は、妓楼の内側から入口を見通した光景である。三浦屋と染められた暖簾の掛かっているところが入口。
 入口をはいると土間だが、その土間は台所に通じていることがわかる。
 客が暖簾をくぐって土間にはいると、すぐに台所と、忙し気に立ち働いている料理人や下女の姿が見えたのである。