関連記事:“嘘”というレベルじゃない。安倍首相「移民政策は考えていない」発言

■政治家に必要な資質

 今の時代、偉大な政治家など誰も求めてはいない。

 社会正義が完全な形で実現されるとも考えていない。

 そんなものに期待するほど、暇でもアホでもない。

 むしろ、英雄待望論は危険だ。

 その程度は、われわれは歴史に学んできた。

 私は、政治家には必ずしも高度な能力は必要ないと思う。

 政治家に必要なのは「常識」だ。

 人ときちんと会話をする。

 義務教育レベルの知識は抑えておく。

 嘘をつかない。

 行儀よく食事をする。

 社会に害を及ぼすような行為は慎む。

 政治家は高邁な理想を語る前に、常識人であるべきだ。

 しかし、この平成の30年間にわたり、政治家は「改革」の名のもとに自分たちの足場を破壊することにより急速に劣化し、バカが総理大臣になり、普通ではない人たちがその周辺を固めることになった。

 安倍晋三が2期6年で何をやったのか?

 ひとことで言えば、国家の破壊である。

 シンプルな売国である。

 放送局の外資規制の撤廃や配偶者控除の撤廃、水道事業民営化を目指し、TPPを推進。ロシアにカネを貢いだ上、北方領土の主権を棚上げした。日韓基本条約を蒸し返して韓国に10億円を横流しし、村山談話・河野談話を踏襲。「移民政策はとらない」と大嘘をつきながら、国の形を完全に変えてしまう移民政策を推し進めた。結果、日本は世界第4位の移民大国になっている。

 安倍と安倍周辺の一味は一貫して嘘をつき、社会にデマをまき散らしてきた。