キーワードで振り返る平成30年史 第21回。

■そう言えば「師走」という言葉を耳にしなくなった

 

 年末年始のスペシャルな感じがたまらなく好きだった。「だった」と過去形にしたが、今でも好きは好きなのだ。ただなんというか自分自身が年をとったせいもあるのかもしれないが、どうにも今の年末年始には少し前までのようなカタルシスを感じることがなくなってしまった。「だ」ではなく「だった」を選んだのはそうした理由による。

 この稿は平成史をテーマにしたものだが、学術論文ではなくあくまでもエッセイなのだから、これだけをしんみりと綴るのも間違ってはいない。しかし「史」の文字がつく以上、何らかの分析とアプローチはなされてもいい。そう思ってこの不思議な違和感(白い白馬的な語彙にはなるが、ただの違和感ではなく不思議な違和感としか言いようがないのでそのままで)の正体を突き詰めてみたい。

 

 まずかつて私が年末年始に感じていた特別感の正体を露にしてみよう。これは一言で言えば大団円とリスタートの感覚だった。それも一億の日本人皆が一斉にそこに向かいそこから再出発するような。

 そういえば以前12月は師走と呼ばれた。いや、いまも12月は師走に違いないのだが、巷で「師走」という言葉を耳にする機会はほとんどなくなった。師走の語源については諸説あるが、巷間よく言われたのは「(本来は落ち着いているような)師、先生ですら走り回らねばならぬほど忙しい」というもの。その主な理由と考えられたのが金策。その昔、年末は年度末とイコールで、この期に精算の必要があった。年末年始を舞台にした落語や講談などでは借金取りやそれに追われる庶民が描かれているものも少なくない。

 そうした落語や講談で借金取りに追われる庶民は一方で金をかき集める。借金精算の目的もさることながら、彼らの多くが口にしたのが「正月の餅代」なる言葉。彼らはなぜそこまでして餅代を稼がねばならなかったのか。そうまでして食べなければならぬほど餅が好きだったのか。いやそうではない。満年齢ではなく数え年であった頃、正月は誰もが平等に一つ年をとる重要なアニバーサリーデーだった。故に特別な祝い膳が必要だったのだ。

次のページ 年末年始のリセット感