■ヨーロッパでは忌まわしい存在として見られてきた黒猫

 

 日本記念日協会のサイトで11月17日を検索すると、同協会認定記念日として減塩の日、日本製肌着の日、オコパー・タコパーの日、国産なす消費拡大の日がヒットした。さらに、日本将棋連盟が定めた将棋の日でもあるという。

 ところ変わって、イタリアでは11月17日は「黒猫の日」である。悪魔の手先や魔女の使いとして縁起が悪いとされてきた黒猫は、現在でも虐待を受けたり、殺されてしまったりすることがあるのだとか。動物愛護団体が中心となり、こうした迷信を払しょくしようと啓もう活動をしているという。

 ヨーロッパではこのように、黒猫は忌まわしい存在として見られてきたが、イギリスでは幸運を呼ぶとされてきた歴史がある。ところが、黒い姿が写真映えしないとして、捨てられてしまうケースが増えているという、ショッキングな情報がテレビ番組で伝えられていた。

次のページ 逆に日本ではポジティブなイメージ