来年はW杯日本開催もあるし、何かと気になるラグビー。でも観方がいまひとつわからない!そんなあなたにおくる連載企画。前回W杯南アフリカ戦を観てラグビーにプチハマりしたものの、その後が続かず。もう一度しっかりラグビーを知りたいというライター福田のもとに先生があらわれた――。
ライター福田。28歳。学生時代は野球部に所属。

■ニュージーランドが強すぎる!

福田 はぁ〜、やっと久しぶりの休みだ〜。ゆっくりテレビを観るのも何週間ぶりだろ。お、ラグビーの日本対ニュージーランド戦? 五郎丸ブームのときはちょっと観てたけど、やっぱりわからないことが多いんだよなあ。

元日本代表・大西将太郎さん。現在は解説者として活躍。

 

 

大西 …何がわかりませんか?

福田 びっくりした!! えっ? あなたは誰ですか!?

大西 はじめまして。僕は大西将太郎といいます。2007年フランスW杯にも出場し、日本の連敗記録※1を止めた立役者として有名です。

福田 えっ自分で有名って言っちゃった! でもすごい。何でそんな人がこんなところに? あっ、もう試合終了か。えっ39対61! 結構点入れられたなあ。

大西 まぁ、ニュージーランドは世界一強いチームですからね。こんなもんですよ。

福田 ユニフォームが黒いから、“オールブラックス”って言うんですよね。素朴なギモンなんですけど、ニュージーランドって何でラグビーがこんなに強いんですか?

大西 ニュージーランドにとって、ラグビーは国技。何よりもラグビーというスポーツが文化として、国に根付いているんです。昔の日本の野球にあたるスポーツが、ここではラグビーと考えるとわかりやすいでしょう。ちなみにオールブラックスのキャプテンは、ニュージーランドの首相よりも有名と言われているんですよ。

オールブラックスと言えば、「ハカ」も有名。「ガンバッテ、ガンバッテ」と聞こえるが、正しくは「カマテ、カマテ」。

福田 そんなにラグビー選手の知名度は高いんですね。じゃあ、日本全国に野球場があるように、ニュージーランドもいたるところにラグビー場があるんですか?

大西 そうですね。やっぱり芝生がいっぱいあって、ボールさえあればどこでもできる環境ですね。

福田 ぼくらが草野球をする感覚でラグビーをしているんですね。

大西 地域のクラブもたくさんあって、小学生の頃からラグビーに親しんでいます。

次のページ 日本と世界との差は?