ライター福田。28歳。学生時代は野球部に所属。

■覚えるべき3つ!

連載「ラグビーのオモロイ観方」第2回〉〈第1回はコチラ

福田 やっぱりラグビーのわからなさって、ルールのわからなさなんです。

大西 そうですよね。やっぱり他の競技に比べて細かいルールがたくさんあるのは否めません。その上ルールがコロコロ変わる※1。だからそのすべてを完璧に把握する必要はないですよ。プレーしている選手たちですら、完璧に理解している人はいないんじゃないかな。

元日本代表・大西将太郎さん。現在は解説者として活躍。

 

福田 えっ! そんな感じなんですね? 

大西 そうなんです。なので安心してください。ここでは3つ、これだけは最低限知ってほしいというものに絞って説明しましょう。これらのルールはラグビーという競技の本質を知る上でも大切です。まず1つ目は「前にボールを投げてはいけない」(スローフォワード)

スローフォワード

福田 それは知ってます! だから、平行にパスするんですよね。

大西 そう。ラグビーはボールを横、もしくは後ろに渡していきながら、前に進むという一見、理不尽なスポーツなんですけど、そこがラグビーの特徴ですね。ボールを前に運ぶにはキックしかないんです。

福田 確かに。よく考えたら、めちゃくちゃ矛盾してますね。

大西 2つ目は「ボールを前方に落としてはいけない」(ノックオン)。よくある場面としては、「味方からのパスを落とす」、「相手からタックルされ、落とす」、「キックで飛んできたボールをキャッチし損なって落とす」などがありますね。

ノックオン

福田 よくポロポロして試合が止まるのはこれですね。あっよく考えたら2つとも「前にプレーする」ことを禁じる、という共通点がある。

大西 おっいい視点です。そして、最後の3つ目は「ボールより前にいる人はプレイできない」(オフサイド)※2つまり、ラグビーは「ボールが自陣の一番前にあるスポーツ」と言うことができます。わかりやすくたとえると、自分のチームと相手のチームの間に、常にボールがある状態。ボールが“サンドウィッチの具”みたいに挟まっているイメージですね。

オフサイド

福田 なるほど。徐々にラグビーの全体像が見えてきた気がします。とりあえずこの3つは、しっかり押さえます! 

次のページ とくに危険な反則は?