プーチン大統領の鉄拳外交、北方領土問題、ジャーナリストの毒殺まで、日本人から見ると、冷たくネガティブな印象を持ちがちなロシアという国。ステレオタイプはさまざまあるが、そのリアルとは。「プロテスト」という形で、プーチン政権に声を上げる活動家は、逮捕後どんな仕打ちが待っていたのだろうか。

■活動家・イェゴール・ザブヤロフの話

 

 プロテストと呼ばれる行為を奇抜なアイディアで表現する「クリエイティブ」な活動家がいたと思えば、ロシアには比較的「一般的な」形で意思を表現する、普通の活動家も存在する。モスクワ郊外の工場で技術者として生活する、イェゴール・ザブヤロフさん(実名)もその一人だ。

「自分自身の自由と権利を表現する為に、プロテストに参加している。反対、賛成にせよ、自分の意見をオープンに言う事が出来ないのは、おかしい」という理由で、様々な活動に参加しているという。サブヤロフさんは、“ヤブロコ“という政党の一般メンバーとして、様々な活動に参加している。

 ヤブロコの党首を務めるエミリア・スラブノバ女史は、ロシア国家警備隊というプーチン大統領直轄組織の長を務める、ビクトル・ゾロトフ氏の解雇を求めた抗議声明で、現在メディアを賑わわせている。そしてその解雇を求める事になった背景が、また何ともロシア独特。

 
次のページ 「拳で殴り合ってでも…」ゾロトフの呆れた言動