私たちが日ごろ神社にお参りしている神さまには、いつも願い事を聞いて助けてくれるやさしくて温和なイメージがあります。つまり、多くの日本人は、無意識的に八百万の神々のすべてが幸福をもたらす「善い神さま」と思い込んでいます。

 でも、それは神さまについて「本当はよく知らない」ことからくる錯覚です。

 そもそも日本の神さまは、基本的な性格として「善と悪」の二面性をもつ「二重人格者」なのです。

 日本神話の人気者の素盞嗚尊(すさのおのみこと)などはその典型で、ヤマタノオロチ退治のスーパーヒーローでありながら、その一方では「世の中の諸悪の根源」という恐ろしい顔を持ちます。また、縁結びの神として有名な大国主の命にしても、もう一つの顔は、「あの世に通じる暗黒界のボス」というものです。

 この怖い側面を体現するのがいわゆる「荒ぶる神」で、人間に対してその神威を示すときに暴力的な形がとられ、これが「祟り」と呼ばれるものの正体です。

「やさしい神さま」「恩恵をもたらしてくれる神さま」を知っただけでは、神さまを本当に理解したことにはなりません。神さまのことをもっと深く知ろうと思うなら、「やさしい神」と「怖い神」の両面を正しく理解することが大切なのです。

「はじめに」より

目次

第1章 神話の神さまのもう一つの顔

 伊邪那美命(いざなみのみこと)──「神々の母」のもう一つの顔は死者の国の女王

 素盞嗚尊(すさのおのみこと)──「諸悪の元祖」とされる荒ぶる神の代表格

 天照大神(あまてらすおおみかみ)──「日本の総氏神」のパワー源は祟り神のエネルギー

 大国主命(おおくにぬしのみこと)──「あの世」の暗黒面にも通じる鬼神のボス

 迦具土神(かぐつちのかみ)──母の命を奪って誕生した「火の神」の恐怖

 禍津日神(まがつひのかみ)──「浄化」の善神の本性は、穢れから生じた災厄そのもの

 岩長姫命(いわながひめのみこと)──醜さゆえの「山の神」の嫉妬が祟りをもたらす

 

第2章 日本史を騒がせた怨霊神

 崇徳上皇(すとくじょうこう)──「日本の大魔王」になると誓った日本史上最凶の祟り神

 菅原道真(すがわらのみちざね)──「学問の神様」は、もとは災いをもたらす悪神だった

 平将門(たいらのまさかど)──朝廷に反逆し東国の自立を図った英雄の怨念

 早良親王(さわらしんのう)──桓武天皇を恐怖に陥れ、平安京への遷都を促す

 藤原広嗣(ふじわらのひろつぐ)──荒ぶる雷神と化して怨敵を祟り殺す

 

第3章 神さまになった妖怪たち

 天探女(あめのさぐめ)──記紀神話の中で唯一呼び捨ての嘘つき魔女

 (もの)()──多くの物語に登場する妖怪だが、神聖な一面も

 夜刀神(やとのかみ)──姿を見ただけで一家・一族が根絶やしに

 船霊様(ふなだまさま)──漁師たちの船の守り神は嫉妬深い女神

 天狗(てんぐ)──強力な神通力で天変地異や戦争を引き起こす

 

第4章 民話・伝説でおなじみの悪神

 河童(かっぱ)──病気を流行らせ、子どもを殺す魔性の持ち主

 雷神(らいじん)──日本神話に最初に現れる醜く恐ろしい怪物

 風神(ふうじん)──死霊が「魔風」となって不幸を運ぶ

 山姥(やまんば)──聖性と魔性をあわせ持つ山の悪神

 厄病神(やくびょうがみ)──異界からの侵入者がもたらす病気と災難

 

第5章 可愛い動物の霊が祟る

 犬神(いぬがみ)──主人の命じるままに他人に祟りなす

 猫神(ねこがみ)──なぜ猫を殺すと取り憑かれるのか

 狐神(きつねがみ)──「霊獣」としての狐が呪われた獣になった理由

 狸神(たぬきがみ)──ずる賢さはないが、残忍さでは群を抜く邪鬼

 猿神(さるがみ)──生贄を要求したり、激しく祟る「山の怪物」

 牛神(うしがみ)──農業を守る聖獣だが、妖怪化して「牛鬼」となる

 蛇神(へびがみ)──死霊と結びつき、他家にも害をなす悪の権化

 

※巻末に〈怖い神さま〉ゆかりの社寺・霊場ガイドも掲載