ケント・ギルバートの記事一覧

ケント・ギルバート
ケント・ギルバート

1952年、アイダホ州に生まれる。1970年、ブリガムヤング大学に入学。翌1971年に初来日。その後、国際法律事務所に就職し、企業への法律コンサルタントとして再来日。弁護士業と並行してテレビに出演。2015年、公益財団法人アパ日本再興財団による『第8回「真の近現代史観」懸賞論文』の最優秀藤誠志賞を受賞。著書に『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』、『中華思想を妄信する中国人と韓国人の悲劇』(ともに講談社+α新書)、『リベラルの毒に侵された日米の憂鬱』(PHP新書)、『日本人だけが知らない世界から尊敬される日本人』(SB新書)、『米国人弁護士が「断罪」東京裁判という茶番』(小社刊)などがある。

  • 母への詫び状
  • プレッシャーの力
  • 「イクメン」って結局なに?
  • いまさら聞けない、トレンドワード
  • コンプレックスをバネにする。
  • 人生を最高に生きる「老子の言葉」
MAGAZINE
歴史人 11月号
一個人 9月号