ネルケ 無方の記事一覧

ネルケ 無方ねるけ むほう

 禅僧。曹洞宗「安泰寺」堂頭(住職)。ベルリン自由大学日本学科・哲学科修士課程修了。 
1968年、ドイツ・ベルリンの牧師を祖父に持つ家庭に生まれる。
16歳で坐禅と出合い、1990年、京都大学への留学生として来日。
 兵庫県にある安泰寺に上山し、半年間修行生活に参加。1993年、出家得度。
 「ホームレス雲水」を経て、2002年より現職。国内外からの参禅者・雲水の指導にあたっている。
 著書に、『ドイツ人住職が伝える 禅の教え 生きるヒント33』(朝日新書)、『禅が教える「大人」になるための8つの修行』(祥伝社新書)、
 『迷いは悟りの第一歩』(新潮新書)、『日本人に「宗教」は要らない』(小社)などがある。 

  • アルバイト募集中
  • いまさら聞けない、トレンドワード
  • 母への詫び状
  • 遠藤航「世界への大航海」
  • 涙の数だけ美味しくなれる。藤井21の「めめし飯」
  • あの名言の裏側
  • 新・教育論
  • 本がスキ!
  • 時計のことなら腕時計王
MAGAZINE
一個人 11月号
歴史人 2017年11月号
STREET JACK 10月号