最新のプリトレンドは“SNS映え”を意識したポーズやらくがき!写真を撮るといえばこの人!林家ペー&パー子夫妻が話題のプリネタや“プリの日ポーズ” に挑戦

フリュー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田坂吉朗、以下、フリュー)は、プリントシール(以下、プリ)の多彩な魅力を世代を越えてより多くの方に届けることを目的として3月21日を「プリの日」に制定し、この度正式に認定されました。これを記念して最新のプリの楽しみ方や流行を調査する「2016年度プリントシール機トレンド(以下、プリトレンド)調査」を、プリ機ユーザーを対象に実施いたしました。



 今回の調査テーマは、2016年度話題になったプリの「ポーズ」と「らくがき」です。ポーズには、「指ハート」や小顔効果のある「NIKEポーズ」、話題の芸能人の決めポーズを真似たポーズなどがランクイン。らくがきでは、プリ機で撮影した画像を、動画メッセージアプリ「SNOW」の顔認識カメラでさらに加工する遊び方が1位となりました。本調査結果により、ユーザーはプリの特徴である“盛れる(実際よりも理想的に加工できる)”効果を最大限に引き立てるようなポーズを好み、プリとその時々の流行を組み合わせた楽しみ方を好んでいることがわかりました。またプリのポーズやらくがきから、ドラマやアプリ等に関する若年女性世代の流行を読み取ることもできました。

 さらに今回、より多くの方にプリの楽しさを知っていただくため、写真撮影をこよなく愛するタレントの林家ペー&パー子夫妻にプリトレンドのポーズやらくがきに挑戦していただきました。

 なおフリューでは、この度の「プリの日」制定にあわせてオリジナルの「プリの日ポーズ」を提案。小顔効果などプリの流行が満載の“盛れる”ポーズとなっております。


2016年度プリントシール機トレンド調査結果


【ポーズ部門】
話題の「韓国アイドル発ポーズ」や、“可愛い”を演出する「小顔ポーズ」等が人気





1位の「指ハート」は人差し指と親指を交差させ小さなハートマークをつくるポーズ。韓国のアイドルやアーティストがコンサートやテレビ番組で披露したものが、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(以下、SNS)などで拡散され話題になったとされています。第2位のNIKEポーズは、親指と人差し指でV字をつくり小顔に見えるようにするポーズです。


 大半のポーズが、“盛れてる(理想的に加工できている状態)”をより引き立てるような可愛らしい印象を与えるポーズという結果となりました。韓国の女性アイドルグループや藤田ニコルさん発祥のポーズなど、プリ機ユーザー世代から人気の高い芸能人が考案したポーズもランクインしました。

【らくがき部門】
2つの遊びを掛け合わせる楽しみ方「プリ×SNOW」がらくがきの1位に



 1位の「プリ×SNOW」とは、プリ機で撮影した画像を動画メッセージアプリ「SNOW」の顔認識カメラにてさらに加工することを指します。SNSにアップする画像においては、プリで撮影した“盛れてる”画像よりも加工していることが明確にわかるような画像が活用されているようです。2位の「気に入らないところにペン」は、仕上がり画像にペンやスタンプを描き足し、気に入らない箇所を隠すらくがきです。その他には、卍(まんじ)や好きなアイドルの名前、SNSアプリ風など流行を反映した内容がランクインしました。
 ユーザーそれぞれが考える“盛れてる”を表現するらくがきや、その時々の流行を書き込む傾向にあることがわかる結果となりました。



3月21日「プリの日」制定を記念して「“プリの日”ポーズ」が決定!



<ポーズの由来>
若年女性が使用するプリントシール機の略称である“プリ”。
そのアルファベット表記の頭文字「P」を象ったポーズです。

<やり方>
手を開いて指をそろえた右手の甲を、頬のラインに合わせて添え、左手で弧を描きます。
顔の左側で準備した両手を組み合わせ、「プリ」の「P」の字を作ります。
より「P」を際立たせるため、右手を腕まくりするのがおすすめです。

<ポイント>
頬に添えた右手でフェイスラインをごまかすことができるため、可愛らしさに加えて小顔効果が期待できます。


「プリの日」とは



プリントシール機の撮影時に「3(サン)・2(ニー)・1(イチ)」とカウントダウンのガイド音声が流れることから、3月21日を「プリの日」に制定。一般社団法人 日本記念日協会によって正式に認定されております。

1995年に誕生したプリ機は、若年女性の流行やニーズとともに進化し、現在も多くの方から愛され続けています。プリ機市場トップシェア企業*として、今後も “美しい仕上がり”、“特別な空間で撮影する楽しさ”、 “思い出をキレイに残し振り返ることができる”など、プリの多彩な魅力を、世代を越えてより多くの方に届けたいという思いと、
日ごろプリを撮影してくださっている皆様への感謝の気持ちを込めています。
*…シェア約70%(2015年夏フリュー調べ)


≪総評:フリュー『GIRLS’TREND 研究所』が考えるポーズとらくがきのトレンド≫



 

ガールズトレンド研究所所長 稲垣涼子
プリントシール機の進化は、常にお客様である女子高生を中心とした若年女性と共にあります。最新の
プリ機事情としては、彼女たちが撮影するプリの画像がSNSに投稿することを前提として撮影・らくがきされているということが言えると思います。ここ数年で、プリとSNSはより密接な関係となっております。

 「プリ×SNOW」 という遊び方が好まれているのも、SNSに投稿するための“盛り遊び”の一種です。好きなアーティストのポーズを真似し


たり、名前を書いたりするのは、一緒に撮影している人との“仲間感”を得られることに大きな理由があると考えられます。


 話題性に富んだネタが好まれる傾向にあり、ポーズ・らくがきともにSNSで注目され、“リツイート”や“いいね”などの反応を多くもらうことのできる“SNS映え”するネタを選ぶことが重要なポイントとなっているのではないでしょうか。(GIRLS'TREND 研究所 所長 稲垣 涼子)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
*『GIRLS'TREND 研究所』とは?
プリントシール機市場でトップシェアを占めるフリューにおける調査・研究機関。
主な調査対象は、女子高生・女子大生。『GIRLS‘TREND 研究所』ではこの調査結果の
一部をニュースレターとして情報発信中。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

※調査対象はいずれも、フリューが運営する、プリントシール(以下、プリ)機で撮影した画像を取得・閲覧できるサービス「ピクトリンク」会員です。
※「ピクトリンク」とは、フリューのプリントシール機で撮影した画像を、フィーチャーフォン・スマートフォンにて取得・閲覧できるサービス。利用者数は約1,000万人(2016年4月時点)。アプリ版ではSNS機能を備えており、画像データを整理してアルバムを作成、共有が可能。



2016年度のトレンドポーズ・らくがきに林家ペー&パー子夫妻が挑戦!

 本調査にて、プリ機ユーザーが“可愛らしさ”やSNS映えを意識した“流行”を、プリのポーズやらくがきに取り入れていることがわかりました。この度の「プリの日」の制定を記念し、より多くの方にプリの楽しさを伝えるため写真撮影をこよなく愛するタレントの林家ペー&パー子夫妻に、流行を反映するプリトレンドのポーズやらくがきに挑戦していただきました。

【“盛れてる”を引き立てるポーズ ~可愛らしさを重視~】



【人気のアプリや流行語、キャラクターをモチーフにしたポーズ・らくがき ~流行を重視~】



【話題のネタやドラマのシーンを真似たポーズ・らくがき ~流行を重視~】




※「ピクトリンク」他は、フリュー株式会社の商標または登録商標です。
※その他会社名、製品名、サービス名等は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ