現存する世界最古のモーターサイクルブランド、プジョー。その歴史はモーターサイクルの歴史そのもの。

ADIVA株式会社(本社:東京都港区赤坂  代表取締役社長:池田 元英)は、2018年3月より、プジョースクーターの輸入総代理店として、国内でのプジョースクーター製品(サービスを含む)の販売を開始いたします。また、2018年3月23日(金)から25日(日)まで、東京ビックサイトにおいて開催される「第45回東京モーターサイクルショー」(主催:東京モーターサイクルショー協会)にて、「ジャンゴ125エバージョン」をはじめとするジャンゴシリーズ4モデルと、スピードファイト2モデルを出展いたします。


【プジョースクーターとは】
1810年から金属製造業を営み、自転車製造を経たのち、1890年に蒸気を動力とした三輪車を発表。そして1898年、ディオン・ブートン・エンジンを搭載した、プジョー初のモーターサイクルを第7回パリモーターショーで発表しました。その後、さまざまな市販モデルを開発しながらも、マン島TT、ボルドール耐久、ツールドフランスなどモータースポーツでも活躍し、世界中にその名を広めました。

プジョー最初のモーターサイクルが生まれて、今年で120年。現存する世界最古のモーターサイクルブランド、プジョーの歴史は、モーターサイクルの歴史といっても過言ではありません。古き良き伝統と現代フランス文化の融合であるプジョースクーターは、唯一無二の個性で存在感を発します。



【モデルの概要】
■DJANGO(ジャンゴ)
丸いヘッドライトと豊かで流れるようなボディラインが美しい「ジャンゴ」は、1950年代のプジョーS55、S57を現代に復刻させたネオレトロスクーター。クラシカルなスタイルながらも、フロント、リアのLEDライトや12V電源ソケットなど現代的な装備もしっかり備え、新しい世代のライダーたちを満足させます。軽量なボディで街中でも楽に取り廻すことができ、125cc の余裕ある走りとたっぷりとした収納力で、タンデムでの小旅行も楽々こなします。

[ラインナップ]
・ジャンゴ125エバージョン
クリームをベースとした2トーンカラーが特徴。クリームカラーのホイールを装備したジャンゴ125エバージョンは、伝説のスクーター「プジョーS55」にインスパイアを受けたヴィンテージ感あふれるデザイン。スモールスクリーンとクローム仕上げのフロントキャリアを装備する。
カラー:ドラゴンレッド、ビタミンオレンジ、ディープオーシャンブルー
メーカー希望小売価格:370,440円(本体価格 343,000円/消費税 27,440円)



・ジャンゴ125ヘリテイジ
艶のある深いブラックで統一されたボディにクリームカラーのホイールがファッショナブル。シンプルかつクラシカルなスタイリングのボディが優雅さを演出し、ライダーを50 年代のフランスへと連れていってくれる。
カラー:インクブラック
メーカー希望小売価格:359,640円(本体価格 333,000円/消費税 26,640円)



・ジャンゴ125 S
ジャンゴ 125 S は、1953 年ボルドール、そしてル・マンでの伝説的な勝利の栄光へのリスペクトを表したモデル。マットブラックのボディにブラックのホイールを組み合わせた、現代的でスタイリッシュな仕上がり。タンデム側のシートを外して、スポーティなシングルシートカウルを装着することも可能。
カラー:マットブラック
メーカー希望小売価格:381,240円(本体価格 353,000円/消費税 28,240円)



・ジャンゴ125アリュール
フランスらしい「エレガンス」を具現化したモデル。芸術の国、フランスらしく、サテンやメタリックの華麗な色彩が特長。スモールスクリーン、シルバーホイール、ブラックミラー、クロームフィニッシュのリアラゲッジラック、バックレスト付きトップケースを装備する。
カラー:チョコレート
メーカー希望小売価格:381,240円(本体価格 353,000円/消費税 28,240円)


・諸元
全長×全幅×全高:1,925mm×710mm×1,190mm
ホイールベース:1,350mm
シート高:770mm
乾燥重量:129kg
エンジン:空冷4ストローク SOHC2バルブ単気筒
排気量:124.6cm³
内径×行程:52.4mm×57.8mm
最高出力:7.5kW/8,500rpm
最大トルク:8.9Nm/7,000rpm
燃料供給方式:インジェクション
始動方式:セルフ式
燃料タンク容量:8.5L
変速方式:オート
フロントサスペンション:油圧式テレスコピック
リアサスペンション:油圧式ショックアブソーバー(5段階調整可)
フロントタイヤ:120/70 - 12"
リアタイヤ:120/70 - 12"
フロントブレーキ:ディスク
リアブレーキ:ディスク


■SPEEDFIGHT(スピードファイト)
1997年にデビューし、スポーツスクーター市場を席巻したスピードファイト。その第4世代である「スピードファイト125」は、大人のライダーのために設計されたモデルです。軽量でコンパクトな車体に、8.1kW(11ps)を発生するパワフルな水冷Smart Motionエンジンを搭載し、スポーティな走りを可能にします。SBC(シンクロブレーキコンセプト)ブレーキシステムが、さまざまな環境における安全なブレーキングをサポート。外観は、スピードファイトシリーズのアイコンである、アグレッシブなデザインのデュアルヘッドライトが特長です。第4世代ではLEDを採用し、さらに質感を高めています。コックピットには、レーシーなデジタルメーターを採用。USB電源を装備することで、実用性にも優れています。プジョーのレーシングカー「308TRC」にインスパイアを受けたグラフィックの「スピードファイト125 R-CUP」には、スマートフォンホルダーを標準装備。

・スピードファイト 125
カラー:フラット6レッド、ピンクゴールド、ディープオーシャンブルー
メーカー希望小売価格:360,720円(本体価格 334,000円/消費税 26,720円)


・スピードファイト 125 R-CUP
カラー:アイシーホワイト
メーカー希望小売価格:360,720円(本体価格 334,000円/消費税 26,720円)


・諸元
全長×全幅×全高:1,895mm×700mm×1,150mm
ホイールベース:1,296mm
シート高:800mm
乾燥重量:116kg
エンジン:水冷4ストローク SOHC2バルブ単気筒
排気量:125cm³
内径×行程:52.4mm×57.8mm
最高出力:8.1kW/7,400rpm
最大トルク:10.8Nm/5,600rpm
燃料供給方式:インジェクション
始動方式:セルフ式
燃料タンク容量:8L
変速方式:オート
サスペンション:油圧式テレスコピック
リアサスペンション:油圧式ショックアブソーバー
フロントタイヤ:130/60 - 13"
リアタイヤ:130/60 - 13"
フロントブレーキ:ディスク
リアブレーキ:ディスク


【PEUGEOTブースについて】
東京モーターサイクルショーPEUGEOTブース(西1ホール、1-50)は、PEUGEOTブランドが生まれた国、フランスの街角を再現したデザインとしました。「洗練、エレガント、文化的」をキーワードに、PEUGEOTブランドをイメージしたフレグランスによる、香りの演出も行っています。
また、最新プロモーションビデオの上映と、カタログ配布も行います。


【会社概要】
会社名:ADIVA株式会社
所在地:〒107-0052 東京都港区赤坂2-5-4 赤坂室町ビル1F
代表者:池田 元英
設立:平成27年1月5日
URL:http://peugeotscooters.jp
事業内容:PEUGEOT SCOOTER製品の日本総代理店


【お問い合わせ先】
ADIVA株式会社
TEL:03-6427-3600  FAX:03-6427-3607
e-mail:info@adiva.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ