「YANMAR CUP in BIWAKO」では、「万天」が36チームの頂点に!第2回 全日本ウェイクサーフィン大会」で海外トップクラスの技が会場の観客達を魅了!

 YANMAR PREMIUM WATER FESTA 実行委員会は、「YANMAR PREMIUM WATER FESTA 2018 in Biwako」を、ヤンマーサンセットマリーナ(滋賀県守山市)にて5月19日(土)・20日(日)の2日間で開催いたしました。  本イベントは、「(一社)日本ウェイクサーフィン協会(以下、JWSA)」主催による「第2回 全日本ウェイクサーフィン大会 びわ湖シリーズ2018」と、セーリングのオープン競技会として長年親しまれている「YANMAR CUP in BIWAKO」の、異なる2競技を同日に開催したマリンスポーツイベントです。



当日、会場には約900名の方々にご来場頂き、飲食ブースや、スタンドアップパドル、スラックライン、ヨガなど家族で楽しめるコンテンツも沢山あり、DJがリゾート地を彷彿させる様な音楽を奏でるなど、終始盛り上がりをみせました。

■総合優勝に選ばれ、初優勝を飾ったチーム「万天」


「YANMAR CUP in BIWAKO」 は、全長17フィート以上の艇の参加で琵琶湖北湖コースにてクルーザークラス及びレーサークラス合計36艇の参加で開催されました。表彰式では、京都府セーリング連盟会長 中西 金一郎様より、「(通常は楕円形や四角形のコースが多い中、)今回は大会を主催するYANMARのYの字を模したコースということでコース自体の難易度も高かった。そうした状況のなかでも各チームは趣向を凝らし、レースを盛り上げてくれた。」と総括コメントがありました。36艇で繰り広げられた激しいデッドヒートの中から見事総合優勝を勝ち取ったのは、初優勝の「万天」でした。MCから初優勝のインタビューを求められると「オーナー不在なんですが…、良い報告ができると思います!」とコメントし、優勝商品とトロフィーを授かりました。

■世界トップクラスの海外選手が魅せる技が会場を盛り上げる!
「第2回 全日本ウェイクサーフィン大会」は、海外のトップ選手達を招待し開催されました。 会場内は、2日間に渡り全選手の競技が中継されており、出場選手が華麗な技を決めると会場のボルテージは最高潮に!表彰式では、プロフェッショナルメンサーフ部門とプロフェッショナルメンスキム部門の両部門で Keenan Flegel(キーナンフレーゲル) 選手が優勝し、プロフェッショナルウーメンサーフ部門では、Lily Anderson(リリーアンダーソン)選手、プロフェッショナルウーメンスキム部門でCaro Villeneuve(キャロヴィルヌーヴ)選手が優勝しました。表彰式の最後には、大会総括を日本ウェイクサーフィン協会 代表理事 川崎 吉浩様より「前回約束した通り、今大会は(前回よりも)さらに大きく素晴らしい大会になった。しかしこれは『始まり』です。今大会では海外選手の実力を目の当たりにすることが出来たが、来年はぜひ日本の選手が表彰台の真ん中に立ち、プロライダーが生まれるように盛り上げていきたい。」と今後の思いを語りました。

セレモニー


表彰式前のセレモニーでは、守山市市長 宮本氏 和宏様、日本セーリング協会 代表理事 河野 博文様から、ご来賓のご挨拶を頂戴いたしました。

フラッグリレー


また、今回のYANMARCUPは2020年の東京オリンピックを盛り上げようとJSAFが主催している「フラッグリレー」に参加させていただきました。2017年5月に小笠原からスタートした「フラッグリレー」は、日本各地のヨットハーバーやマリーナを巡り、東京オリンピック・セーリング競技会場の江の島を最終寄港地として、東京オリンピックに対するセーラー達の想いをフラッグに込め、引き継いでいくものです。レース当日は、一艇の参加艇が代表してフラッグを掲げてレースに挑みました。表彰式後には次に開催されるヨットレース、「敦賀カップ」の関係者にフラッグが引き継がれました。

サイドコンテンツ




YANMAR CUP 2018 in BIWAKO 大会結果


総合優勝
チーム名 : 万天
所属マリーナ : L.W.Y.C



クルーザークラス

1位
チーム名 : ミニマム
所属マリーナ : リブレ
2位
チーム名 : 風小僧 VI
所属マリーナ : L.W.Y.C
3位
チーム名 : Raccoon
所属マリーナ : L.W.Y.C




レーサークラス
1位
チーム名 : 万天
所属マリーナ : L.W.Y.C
2位
チーム名 :Wind Kiss Express
所属マリーナ : ヤンマーM
3位
チーム名 : Zauber
所属マリーナ : M.雄琴


第2回全日本ウェイクサーフィン大会 大会結果
プロフェッショナル メン サーフ部門



優勝
名前 : Keenan Flegel
国籍 : アメリカ
2位
名前 : Connor Burns
国籍 : アメリカ
3位
名前 : Jake Breedlove
国籍 : アメリカ

プロフェッショナル メン スキム部門優勝
優勝
名前 : Keenan Flegel
国籍 : アメリカ
2位
名前 : Dominic Lagace
国籍 : カナダ
3位
名前 : Grant Witherell
国籍 : アメリカ

【優勝者コメント】
2部門通して優勝できたことは個人的にも思い出深く、すばらしいコンペティションになりました。初めての日本でとても有意義な大会だったと思います。また日本に来て競技したいです。

プロフェッショナル ウーメン サーフ部門


優勝
名前 : Lily Anderson
国籍 : カナダ
2位
名前 : Angie Viland
国籍 : アメリカ
3位
名前 : Korinn Woodard
国籍 : アメリカ

【優勝者コメント】
素晴らしい大会でめちゃくちゃ楽しかったです!来年も必ず来たいです!

プロフェッショナル ウーメン スキム部門


優勝
名前 : Caro Villeneuve
国籍 : アメリカ
2位
名前 : Nicole Hudson
国籍 : アメリカ
3位
名前 : Korinn Woodard
国籍 : アメリカ

【優勝者コメント】
素晴らしい時間を過ごせました。様々な人と競技が出来て、初めての日本で色々な国から、色々な人が居て、ウェイクサーフィンへの情熱で繋がっていました。風が強くても皆文句言わないし、とてもハッピーな時間でした。競技も素晴らしかったですが、人との交流がすごく楽しかったので次回も参加したいです。


アマンチュア メン サーフ部門


優勝
名前 : Mats Aderson(中央)
国籍 : カナダ
2位
名前 : Paul Laviolette(左)
国籍:カナダ
3位
名前 : Kenta Hagiwara(右)
国籍 : 日本

【日本人入賞者コメント】
新鮮で楽しかったです。今回3位だったので、優勝するまで頑張りたいです。サーフィンとは練習方法が違うから、やり方と道具を変えていこうと思います。


ジュニア部門
優勝
名前 : Evan Hudson(中央)
国籍:カナダ
2位
名前 : Natsumi Yamashita(左)
国籍:日本
3位
名前 : Riku Suzuki(右)
国籍 : 日本

【2位入賞者コメント】
いろんな選手が戦っていて刺激的でした。将来チャンピオンになれるように頑張りたいです。
【3位入賞者コメント】
今日は三人の中で一番下になってしまったけれど、これから頑張って次の大会は、1位になれるように頑張りたいです。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ