23日開幕の沖縄大会から地方巡る

 この夏、記念の100回大会を迎える全国高等学校野球選手権。全国各地の地方大会などで行われる100回の「始球式」を記念のボールが巡るイベント「100回つなぐ始球式リレー」が、一足先に始まっています。5月30日に大阪の「高校野球発祥の地」を出発した9つのボールが、6月23日開幕の沖縄大会を手始めに、いよいよ各地で投じられます。


 「100回つなぐ始球式リレー」は、朝日新聞社(渡辺雅隆社長)と日本高校野球連盟(八田英二会長)が、第100回全国高校野球選手権記念大会関連イベントとして開催します。大阪・豊中市で実施した出発式を含めて全国56の地方大会をボールでつなぎ、計99回の「始球式」をしてもらいます。具体的には、春季・秋季地区大会が行われる全国9つの地区でそれぞれ1個のボールが各地方大会をめぐり、関係者らが始球式に臨みます。各地方をめぐった9個のボールは甲子園に集められ、全国大会で10個目のボールを使って実施される始球式で、計100回のリレーが完成します。使用するボールは、全国大会と同じ規格のものに「100th」の刻印を入れた100回大会球です。

 各地でボールを投げるのは、現役の高校球児や彼らの活動を支えるマネジャーのほか、近い将来に高校野球で活躍することを目指す小中学生ら。甲子園などで活躍した元高校球児の地元著名人が登板するケースもある予定です。詳細な人選は現在、最終調整中です。


「高校野球発祥の地」で投じられた9つのボールが各地を巡る


各地方大会での「始球式リレー」の日程は次の通り。
《北海道ブロック》
北北海道 7月14日
南北海道 7月15、16、17日
《東北ブロック》
青森   7月18、19日
岩手   7月6日
秋田   7月13日
山形   7月21、22日
宮城   7月15、16日
福島   7月9、10日
《関東ブロック》
茨城   7月8日
栃木   7月6日
群馬   7月15日
北埼玉  7月13日
南埼玉  7月12日
山梨   7月10日
東千葉  7月17日
西千葉  7月18日
東東京、西東京 7月28、29日に計3回
北神奈川 7月27、29日
南神奈川 7月26、28日
《北信越ブロック》
長野   7月11日
新潟   7月8日
富山   7月14、15日
石川   7月18日
福井   7月21、22日
《東海ブロック》
静岡   7月7日(2回)
東愛知  7月1日
西愛知  6月30日
岐阜   7月24、25日
三重   7月14、15日
《近畿ブロック》
滋賀   7月10、11日
京都   7月7、8日
奈良   7月16、17日
和歌山  7月13、14日
北大阪  7月24、27日
南大阪  7月25、26日
東兵庫  7月19、22日
西兵庫  7月21日
《中国ブロック》
岡山   7月17、18日
鳥取   7月21日
広島   7月8、9日
島根   7月25日
山口   7月13、14日
《四国ブロック》
香川   7月11、12日
愛媛   7月15、16日
徳島   7月8、25日
高知   7月20、21日
《九州ブロック》
北福岡  7月23日
南福岡  7月24日
佐賀   7月10、11日
長崎   7月7、8日
熊本   7月1、4日
大分   7月13、14日
宮崎   7月16、17日
鹿児島  7月19、20日
沖縄   6月23日
注1)具体的な実施時間や実施球場、投球者などについては最終調整中です
注2)いずれの日程も、天候や予期せぬトラブルなどによって急きょ変更される可能性があります。
注3)7月28、29日は東京と神奈川の各大会を1つのボールが当日のうちに移動し、それぞれの始球式リレーのイベントで投じられます。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ