世界中にファンを持つ「ジュール・パンス」のタペストリーとインテリアグッズ。各国王室、及び、世界中の芸術ファンから絶大なる人気のフランス国宝企業が日本での正式販売をスタートします。

1878年、フランスのパリにて創業。135年以上もの間、タペストリー製作に関わる一族のみが密かに技術を継承したフランス国宝企業「ジュール・パンス」。フランス政府から国内2名のみに与えられた「フランス最優秀労働者」(フランス最高職人)による作品制作の技術は、世界で唯一、ピカソやミロ、マグリットなどのアーティストの原画使用を正式に認められたタペストリーメーカーでもあります。 【ジュール・パンス日本総代理店】 株式会社Dufour&TIxedor(詳細は以下参照) オンラインストア:MASENA(マセナ) https://masena.jp


【背景】
ジュール・パンスは、1878年の創業以来135年以上も続く「フランス国宝企業」。伝統を守り続けること、それはフランス、日本、どこの国においてもそれぞれの文化を守る重要な課題の1つです。この度、ジュール・パンス日本総代理店、株式会社Dufour&TIxedorの代表オレーユ ダビッド(国籍:フランス)は、その国宝企業から正式に任命された「文化親善大使」として、フランスが誇るタペストリーの技術、歴史、そしてその文化を広く日本のみなさまへ知っていただくため、日々活動しております。

代表取締役 文化親善大使 オレーユ ダビッド


フランス最高職人の2名
タペストリー織り風景


<3つの特長>
1. すべての工程をフランス最高職人が管理し、職人の魂が入った100%Made in FRANCEの最高傑作。ジュール・パンスの作品は、すでに日本国外では大変高い評価を得ており、各国王室、大使館、ホテル、ミュージアムショップ、及び、トップインテリアデザイナーの方々から長く愛されております。また、日本国内では、全国の美術館様とのお取引を開始いたしました。
一角獣シリーズ
タペストリー
タペストリー
国宝企業の証


2:世界で唯一、ピカソやミロ、マグリットなどのアーティストの原画使用を正式に認められたジュール・パンス
ライセンス契約が難しいと言われているアーティストとの正式契約を世界で唯一結んだタペストリー会社です。
ミロの椅子は、ミロ本人がこの椅子を作成するために特別にデザインしたものとなります。
ジュール・パンス x ミロ
インテリアデコレーション
2:タペストリーの織り技法を使用した、タペストリークッションを発表。
 タペストリーメーカーが作り出すクッションは、世界中のインテリアデザイナーやインテリア雑誌にて頻繁に紹介されており、そのクオリティとユニークなアーティストコレクションは、多くのコレクターを魅了しています。

タペストリーの織り技法を生かしたクッション(ピカソ)


タペストリーの織り技法を生かしたクッション(ミロ)

【販売場所】
ジュール・パンス製品は、日本総代理店である株式会社Dufour&Tixedorが運営するオンラインショップ「MASENA」(https://masena.jp)にて一般販売がスタートしております。また、事業者様への卸販売のお取引も開始いたしました。


・販売対象:法人(卸売設定有)、個人
・提供場所:当社オンラインショップ「MASENA」(https://masena.jp
・一般価格:タペストリー 税抜25,000円~500,000円ほど / クッションカバー:税抜9,000円~
オンラインショップ「MASENA」

【ジュール・パンス日本総代理店について】
株式会社Dufour&TIxedor(ドュフール エ ティクスドール)

本社:〒106-0032 東京都港区六本木三丁目4番33号 マルマン六本木ビル3F
代表者:代表取締役 AUREILLE DAVID(オレーユ ダビッド)
設立:2016年2月 日本にて法人化(2011年4月フランス、ナント市にて創業)
資本金:300万円
Tel:03-6447-1431
オンラインストア:https://masena.jp
事業内容:フランス高級インテリアファブリック、タペストリー、インテリアグッズの輸入、卸、小売

タペストリーがあるインテリアコーディネート
壁一面に仕上げられたオーダータペストリー
タペストリーの織り風景

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ