ゴックス(GOX)の意味とは取引所の預金資産を持ち逃げされる事!

仮想通貨のトラブルにおいて、疲れるゴックス(GOX)とは、仮想通貨取引所であるMt.Gox(マウントゴックス)社がハッキングを受けて、BTCが盗まれた事件を発端に使われ出した言葉なります。

この事件を風刺するかのごとく、取引所などに預けていた資金を持ち逃げされた時に、ゴックス(GOX)が使われるようになりました。

また、第三者の介入(ハッキング)が原因ではなく、IDやパスワード紛失し、暗号資産を取り出せなくなる事態を セルフGOX(ゴックス) と言う場合もあります。

関連記事

仮想通貨の技術は進化する一方で、それに伴ったトラブルも多発しています。 最近も某芸能人が仮想通貨詐欺で7億円を失ったなどのニュースが報道されましたが、一般人の被害も多発しているのが現状です。   仮想通貨業界[…]

scamスキャム

暗号資産・NFTをより分かりやすく「あなたの身近に」

この用語解説では、暗号資産(仮想通貨)・NFT・メタバーズ関連の専門用語を初心者向けに「初心者がまず知るべき内容だけ」をわかりやすく解説しています。

言葉の意味を調べたのに、また別の専門用語が出てきて、結局分からずじまい…こんな経験はありませんか?

実のところ初心者向けの解説記事と謳っていても、「現時点で初心者が知る必要のない情報まで記載されたハイレベルな記事」がほとんどです。

私たちの理念に“暗号資産やNFTをもっと身近な存在に感じてほしい”という想いがあります。

この用語解説では、「興味があるけど、難しそうで、中々一歩を踏み込めない…」というあなたに向けて、あえて深掘りした解説はせずに「まず言葉の意味を知ろう!」をモットーに編纂しています。

最新情報をチェックしよう!