図解|IEOとは企業が仮想通貨取引所を介して行う資金調達!

「IEOという何かのプロジェクト?略称?かわからないけどよく目にするけど何?」
「IEOなど英単語の略称が多く、さっぱり意味がわからない」

とお困りではありませんか?

IEO(Initial Exchange Offering)とは、企業がトークン(仮想通貨の認識でOK)を取引所を介し、発行し、公衆から資金調達する方法

を指します。

 

と言われても、

Q1|何で法定通貨(円やドル)で集めないの?
Q2|そもそも訳のわからない仮想通貨を買ってなんのメリットがあるの?
Q3|もう少し詳しく解説して欲しい!

というお声があると思いますので、この記事ではIEOに関して 「初心者が理解できる内容」でお届けしていきます。

この用語解説では、暗号資産(仮想通貨)・NFT・メタバーズ関連の専門用語を初心者向けに「初心者がまず知るべき内容だけ」をわかりやすく解説しています。※故に深掘りした解説はしておりませんので予めご了承ください。

 

図解でより分かる!IEOの仕組みを徹底解説!

IEOの仕組みIEOに関して、より理解を深めてもらうため【大まかな4つの流れ】で解説していきます。

STEP①IEOの申請(取引所での審査)

そもそもIEOの実施は誰でもできる訳ではありません。
しっかりと仮想通貨取引所での審査があり、その審査を通過した場合のみ、IEOを実施できます。

なぜ審査が必要なのか?|企業の信頼性やIEOで集めた資金の投資先などの透明性や将来性を担保に実施する必要があるから。またそれはIEO参加者(取引所を利用ユーザー)の安全を確保するためでもある

故に、仮想通貨取引所の厳しい審査をくぐり抜けてきた案件なので、ユーザーも安心して、IEOプロジェクトに参加できるのです。

STEP②IEOの実施(トークンの発行)

審査が通過すると次に仮想通貨取引所で「こんなIEOが実施されるよ〜!興味がある人はエントリーしてね!」という告知が行われます。

そう…

IEOは誰でも参加できるのではなく、抽選で購入権を勝ち取った人だけが参加できるのです!
逆を言えば、
企業の発行トークンを超えるくらいの人数が申し込むので、抽選しなければいけないのです
トークンは広義的な意味では、仮想通貨を指しますが、ここでは、「資金提供した証明書(引換券)」みたいなニュアンスでOKです。

STEP③抽選で当たった人が購入

ここで1つ疑問が生じたと思います。
「なんで抽選してまでIEOに参加したいの?」
と。

そうですよね、実際にまだどこの馬の骨かもわからないような仮想通貨を買って、将来性があるとは言い難いです。

ですが、ここがIEOが注目される理由の1つ。

取引所の審査を通過した=将来性や価値が担保され上場が保証されいる

訳なんです。

つまりは、仮想通貨取引所のお墨付きなのです。

そして、IEOで発行されるトークン(仮想通貨)はまだ一般流通していない状況で、「圧倒的に安く買える」→上場後に売れば…?

 

IEOは言い換えると、

ほぼ上場して価格上昇する仮想通貨を安く買える権利

なのです。

そりゃ抽選が殺到しますよね。

全てのIEOで発行されたトークンが上場後に爆益をもたらした訳ではありませんが、かなりの高確率で数倍〜10倍近くはマークしています。

仮想通貨の上場|実際に仮想通貨取引所で一般的に取引が開始されること

 

STEP④資金調達

最近では、IEOの抽選倍率が50倍にもなるケースがほとんどです。

ですので、審査を通過した企業は、潤沢な資金調達ができると言っても過言ではありません。

暗号資産・NFTをより分かりやすく「あなたの身近に」

この用語解説では、暗号資産(仮想通貨)・NFT・メタバーズ関連の専門用語を初心者向けに「初心者がまず知るべき内容だけ」をわかりやすく解説しています。

言葉の意味を調べたのに、また別の専門用語が出てきて、結局分からずじまい…こんな経験はありませんか?

実のところ初心者向けの解説記事と謳っていても、「現時点で初心者が知る必要のない情報まで記載されたハイレベルな記事」がほとんどです。

私たちの理念に“暗号資産やNFTをもっと身近な存在に感じてほしい”という想いがあります。

この用語解説では、「興味があるけど、難しそうで、中々一歩を踏み込めない…」というあなたに向けて、あえて深掘りした解説はせずに「まず言葉の意味を知ろう!」をモットーに編纂しています。

 

最新情報をチェックしよう!