1分でわかる!流動性(仮想通貨)とはスムーズに換金できるかの度合い!

ブロックチェーン業界(仮想通貨やNFT)における流動性とは、

スムーズに換金できるかどうか、その度合い

 

を指します。

ビットコインは国内の流通量もあり、その価値も認知されているからこそ、すぐに日本円に換金できます。

ですが、訳わからないアルトコインの場合、国内の取引もなく、認知もされていない(=利用ユーザーがいない)ので、スムーズに換金できないケースもあるのです。

初心者さん
初心者さん

ということは、ビットコイン以外のアルトコインはスムーズに換金できないの!?

おそらくこのような疑問が出てくると思いますが、補足として、「国内取引所で扱っているアルトコインはある程度、認知もされているので大丈夫です。」

 

言い換えるならば、

流動性とはトレードの信用度合いと言っても過言ではありません。

 

◎流動性が高い=頻繁に取引されている=そのコインに信用がある
◎流動性が低い=あまり取引されていない=コインに信用がない(=価値がない)

暗号資産・NFTをより分かりやすく「あなたの身近に」

この用語解説では、暗号資産(仮想通貨)・NFT・メタバーズ関連の専門用語を初心者向けに「初心者がまず知るべき内容だけ」をわかりやすく解説しています。

言葉の意味を調べたのに、また別の専門用語が出てきて、結局分からずじまい…こんな経験はありませんか?

実のところ初心者向けの解説記事と謳っていても、「現時点で初心者が知る必要のない情報まで記載されたハイレベルな記事」がほとんどです。

私たちの理念に“暗号資産やNFTをもっと身近な存在に感じてほしい”という想いがあります。

この用語解説では、「興味があるけど、難しそうで、中々一歩を踏み込めない…」というあなたに向けて、あえて深掘りした解説はせずに「まず言葉の意味を知ろう!」をモットーに編纂しています。

最新情報をチェックしよう!